2018.06.16

鹿島・鈴木優磨のプロ意識。
いいプレーのため、私生活で幸運を集める

  • 寺野典子●文 text by Terano Noriko 井坂英樹●写真 photo by Isaka Hideki

  「熊谷さんの場合は、サッカー以外の面が大きいですね。正直、サッカーのことでこうしろとか言われたことは一切ないですね、今思えば。

いつも言われていたのは、生活とかそういう部分です。まずは挨拶。学校での態度、ご飯の時間、洗濯とか。規律を守ること。謙虚に素直に、裏表なく生きろって言われましたね。やましいことをするなって。やましさを持ってグラウンドに来るなと。何を見られてもいいんだというくらいの感覚で来いって。ごまかしたり、ウソをついたりしても、クマさんにはすぐにバレるから。純粋にサッカーと向き合える状態で練習に来なさいと。正直、当時はすべてを理解していたわけじゃないけれど、プロになってその重要性を痛感しています」

――というのは?

「やっぱり私生活がプレーに出るんですよ。僕みたいな選手は、ロナウドとかメッシとはまったく違うわけだから。ちょっとしたことで運を手繰り寄せるというか、幸運を集めなくちゃいけない。意外とそういうのを意識するんですよ」

――徳を積むということですね。ゲンは担ぎますか?

「はい。たくさんありすぎて、言えない。そういうのって、口外しないほうがいいと思うんですけど、メチャクチャあるとだけは言っておきます」

――よいプレーができた日にやったことは、全部やりたくなる?

「はい。全部やります!」

――鹿島のFWは「ゴールだけが仕事ではない」という意識が強いと感じます。チームのためのプレーを大事にしている印象があります。

「そこは僕も意識しています。鹿島のFWは走らないとダメなんです。でも、チームメイトのため、チームのためのプレーをしていると、(ボールが)こぼれてくるんですよ。本当にポンっと。こぼれ球を拾って、1本ゴールを決められたら、乗れる。だから、そのためにも走らなくちゃいけない」

――鈴木選手が考える鹿島のFWとして大切なことは?