2018.06.09

ユースで裸の王様だった鈴木優磨が
「鼻をへし折られた宮崎キャンプ」

  • 寺野典子●文 text by Terano Noriko   井坂英樹●写真 photo by Isaka Hideki

――そういう努力の結果、トップの練習に参加することもあったでしょう?

「ありましたね。でも、正直行きたくなかったです。宮崎キャンプのことを思い出すから」

――しかし、見事トップ昇格が決まりましたね。

「たいていの選手は夏くらいまでには、昇格が決まるなかで、僕が決まったのは10月くらいでした。大学の練習会へ行ったりもしていましたし。本当に最後の最後ですね」

――うれしかったでしょう?

「実はそうでもなかったんです。昇格のことは熊谷監督から知らされたんですが、監督も『よく考えて、覚悟を決めろ』と言っていたし、僕自身もプロでやっていけるとは思えなかった。だから両親にも『俺がどんな決断をしても許してほしい』と言って、考える時間をもらったんです」

――それは、断ることも想定して? 

「そうです。それくらいの衝撃を宮崎キャンプで味わったので」

――最終的に、トップ昇格を決断したのは?

「いろいろ考えました。でも、単純に考えてみようと思ったんです。やれるかやれないかは別にして、僕がなんのためにサッカーをやってきたのかって考えてみたときに、やっぱりプロになりたいからだろうという思いに至ったんです。だったら、今、目の前にそのチャンスがあるのだから、ここで挑戦するしかないだろうと自分で決めました。」
(つづく)

◆中学時代、150万円稼いだ元ヴィッセル田中英雄は、JFLでも笑顔で>>

◆秋田豊が語る鹿島の紅白戦。「勢いある若手は、とことんぶっ叩く!」>>

関連記事