2018.05.15

西野監督「御前試合」で浦和レッズの
代表候補メンバーは何を思ったか

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by Getty Images

 もちろん、西川はただ黙って後ろから試合を眺めていたわけではない。ピンチになる前に声で味方を動かし、ラインの裏に流れてきたボールに対しては果敢に飛び出し、ヘディングでクリアするなど守備範囲の広さも見せた。

「前半からいい守備はできていたと思います。守備陣は疲れてきたなかでもしっかりとリスクマネジメントを怠らず、自分も背後を意識しながら集中を切らさずにプレーできた。得点を獲れればよかったですけど、負けないという最低限の仕事はできた」

 ハリルホジッチ監督のもとで一時は守護神の座を掴んでいたが、後にその立場を奪われ、メンバー落ちする屈辱も味わった。しばらく代表から遠ざかっているものの、今季は安定感を取り戻しつつある。この日はアピールこそならなかったが、実績十分のこのGKの名前を西野監督がリストに加えてくる可能性は決して低くないだろう。

 3バックとしてスタメン出場した遠藤にとっても、物足りない一戦だったに違いない。それでも限られた守備機会を無難にこなし、正確なフィードで攻撃の起点にもなった。試合途中からはボランチに移り、ポリバレントな能力も示している。

「攻撃でどういうボールを出せるかという点では悪くなかったと思う。裏を使うところと、足もとに入れるところをうまく使い分けながらやれていた」

 守備の機会が少ないなかで、出し手としての役割をこなせたと自負する。代表について問われると、「僕自身は代表に入れるかどうかという立場にいると思う」と、自分の立ち位置を把握したうえで、「大事なのはしっかりと毎試合自分のよさを出すこと。まずは次のルヴァンカップとリーグ戦をしっかり戦って、その結果、選ばれればいいと思います」と、5月31日に発表される本大会メンバー入りに向け、残り2試合でのアピールを誓った。