2018.04.24

崖っぷちのガンバ。東口「顔面損傷」で
必死の勝利は浮上につながるか

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun
  • photo by Nikkan sports/AFLO

 今のガンバには、相手の攻撃をうまく受け流したり、いなしたりする余裕がない。ゲームをコントロールできていないので、苦しい時間帯が多い。

 それでも今後、全体をコンパクトにして戦うことをより徹底し、守備を安定させて勝ち星を重ねていけば、いずれ自分たちが流れを作って、プレーにも余裕も生まれてくるだろう。そうなれば、選手個々の高い技術を生かして、試合の主導権を握り、相手を圧倒する試合もできるようになるに違いない。

 東口の負傷、戦線離脱は相当な痛手だが、それだけ大きな代償を払ったセレッソ戦の勝利は、ガンバ浮上のきっかけになるだろうか。

 三浦は笑顔でこう言った。

「この勝利で『さあ、これからだ』って、(チームに)勢いがつくと思います」

◆今季のガンバの順位予想は何位だったか? 事情通5人が予想していた>>

◆20年前に起きたJリーグ最大の悲劇。そのとき「F」の選手たちは…>>

関連記事