2018.04.24

崖っぷちのガンバ。東口「顔面損傷」で
必死の勝利は浮上につながるか

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun
  • photo by Nikkan sports/AFLO

 しかし、萎縮することはなかった。選手全員、やるべきことはしっかりと意思統一ができており、個人的にもセレッソへの対応策は準備していた。

 チームとしては、全体をコンパクトにして戦うことを目指した。

「これまで、前の選手は『攻めたい』、後ろの選手は『守りたい』といった感じで、前と後ろで意識の差があった。(守備では)”チーム全体で”というよりも”個人で”バラバラに対応する感じになっていた。それでは守備は機能しないので、それを修正する意味でも、全体をコンパクトに保つことを徹底しました。それができれば、いい攻撃にもつながるので」

 三浦個人では、相手の前線で起点となるFW杉本健勇に、簡単に仕事をさせないように心がけた。杉本がボールを持てば厳しくチェックにいって、ボックス内ではシュートを打たせないように、体をぶつけてでも対応していくことを意識していた。

 だが、気合いを入れて試合に臨んだ序盤、気持ちばかりが先走ってしまったのか、三浦のプレーは空回りしていた。ミスを連発し、ピンチを招いた。

 さらに、東口と激突して負傷交代させてしまった。ただ、そこでの治療時間が大きかった。長引く治療中、三浦は気持ちをリセットすることができたからだ。

「ヒガシくんがあんなことになって、気持ちを入れ替えることができました」

 それ以降、三浦は本来のプレーを取り戻したが、試合はセレッソのリズムで進んでいった。自慢のパスワークで選手が連動し、多くのチャンスを作っていく。

 しかし、ゴールを決めるまでには至らず、前半41分、逆にガンバにチャンスが巡ってきた。FWファン・ウィジョがボックス内でボールを受けてドリブルを仕掛けると、相手DFがたまらず足をかけてPKを獲得したのだ。