2018.04.07

移籍組の名良橋晃は「相手PKに
ガックリしただけで雷を落とされた」

  • 寺野典子●文 text by Terano Noriko
  • 井坂英樹●写真 photo by Isaka Hideki

 当時の選手たちは勝つためにはなんでもやるという気概がありました。リードしている時間帯、ファールで倒されたとき、少しでも時間を稼ぐことを考える。フェアプレーという意味ではよくないのかもしれないけれど、勝つことが重要だった。そういう気持ちが漲(みなぎ)っていました。それは練習中の厳しさを生んでいましたね。

 1対1、球際では絶対に負けない。そういうファイターが揃っていた。戦えない選手は勝てない。高い集中力があれば、セカンドボールにも速く対応できるんです。そういう細かなこだわりが勝利に結びつく。それはチームだけでなく、クラブにも宿っている精神だと思いました。スタッフ、職員、洗濯や掃除をしてくれる人たちもそういう気持ちだった。戦うことの重要性、闘争心を肝に銘じる。そんな時間を鹿島で過ごしたと感じています」

(後編につづく)

◆スペインの目利きが見た、欧州遠征の代表22名「誰が役に立つのか」>>

◆現地取材。ポーランドは日本をナメているか、それとも警戒しているか>>

◆アントラーズ「常勝の遺伝子」。生え抜き土居聖真は見てきた>>

関連記事