2018.04.05

柏レイソル、ACL敗退。追いつめても、
アジアで勝てないのはなぜか

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Hiroki Watanabe/Getty Images

「前半もうまくチャンスは作れていたし、後半も自分たちのペースだった。でも、ワンチャンスを相手に決められてしまって......」(柏・FW伊東純也)

 左CKからの崩れで、柏はゾーンで守っていたが、最終ラインがフラットに並んでしまい、エリア内でイ・ドングッに自由を与えている。守りの形はできていたが、それに固執して対応が遅れた。匂いを感じて動く38歳の老獪なストライカーを相手に無力だった。

 結局、この2点目がとどめになっている。

 柏がACLで敗退した理由をひとつだけ挙げるのは難しい。あえて言えば、わずかに攻守の強度や精度が足りないのだろう。

 例えば、セットプレーの守りはゾーンの形式にこだわりすぎ、人に対して甘かった。単純な高さに対する劣勢もあったかもしれない。攻撃も、大谷がひとつ下がることにより、ビルドアップは格段によくなったが、そのときにセンターバックがひとつ持ち上がって有効な攻撃にすることはできなかった。また、勝ち上がるチームにはポイントゲッターがいるが、決定力で劣った。ディテールはいくらでもあるだろう。

 しかし、全北の指揮官が「柏らしさを消した」という戦略を掲げたのは、少なくとも柏にはスタイルがあるということだろう。中山雄太のように、どのポジションも高いレベルでこなせる選手が最適なポジションを見つけられたら、自然とプレーの質は上がる。そのプロセスで、相手を叩き潰すような剛直さを身につけられるか――。

「力不足です。また一からですね」

 国内ではあらゆるタイトルを勝ち取った主将・大谷の最後のひと言は潔く、今後に対する決意にも聞こえた。

◆CL4強ほぼ確実のレアル、バルサ。大勝の陰に「落とし穴」はないか>>

◆スペインの名将がウクライナ戦に苦言。「日本は1対1の決闘をするな」>>

関連記事