2018.03.30

福田正博が訂正。「今年の名古屋は
台風の目ではなく優勝候補でした」

  • 津金壱郎●構成 text by Tsugane Ichiro
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 風間監督も練習からしっかりとそれを選手に落とし込み、実際の試合では前線からの守備が攻撃につながっている。そのため、ボールが回ってこなかったり、敵陣で孤立する時間帯が続いても、その状況を打開するための守備をジョーは厭わないはずだ。

 開幕前に懸念されていたCBとボランチの新戦力にめどが立ち、コンディションや周囲とのコンビネーションが万全ではないジョーも存在感のあるプレーを見せてくれている。すべてが噛み合い、「Jリーグナンバーワン」とも評される攻撃陣がさらに力を発揮したら……。

 私は開幕前、名古屋は「台風の目になるかもしれない」ダークホースと思っていたが、その考えをあらためたい。今年の名古屋は優勝争いにも絡んでくる、上位が狙えるチームだ。

◆本田圭佑が語っていたハリル流との「相性の悪さ」。23人に残るのか>>

◆証言でたどる「ベンゲルがいた名古屋グランパス」がもたらしたもの>>

■福田正博 フォーメーション進化論 一覧>>

関連記事