2018.03.12

負けないが、勝てないセレッソ。
原因は開幕戦「幻のゴール」の呪縛か

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Hiroki Watanabe/Getty Images

 MF水沼宏太は「あくまでも"タラレバ"だが」と断りを入れたうえで、こう振り返る。

「あれが入って、あの試合をものにしていれば、すべての歯車がうまく回っていたのかなと思う。(開幕戦は)相手が変則的な布陣だったこともあって、自分たちのバランスが崩れ、そこから守備に迷いが出て、ここまで来てしまった」

 とはいえ、柏戦は「前の2試合よりバランスよく戦えた」と水沼。結果的に初勝利はお預けとなったが、セレッソは徐々に本来の姿を取り戻し始めている。水沼が続ける。

「ここまで勝ち切れない試合が続いているが、それは負けなくてよかったという(内容の)試合でもある。ここ(柏戦)で負けてしまうと雰囲気が悪くなりかねなかったなかで耐えることができたし、粘り強く戦えていた」

 実際、柏戦に関して言えば、試合内容はかなりよかった。ボールを保持して攻めるだけでなく、ボールを失ったあとの守備への切り替えも速かった。本来は奪ったボールをしっかりつないで攻撃に移りたい柏に、まったくサッカーをさせない時間も少なくなかった。

 尹晶煥(ユン・ジョンファン)監督は、「相手のコンパクトな守備を崩すには、ショートパスだけでは解決しないと知らなければいけない。うまい選手は多いが、質というところで発展しないと、より楽しいサッカー、よりいいサッカーはできない」と手厳しかったが、十分評価に値する内容だった。

 上昇気配をうかがわせるチーム状態に手ごたえを感じているのか、水沼も自然と言葉に力がこもる。

「ミス絡みの失点で(気持ちが)落ち気味になってもおかしくなかったなかで、みんなが『前向きに守備をやろう』というところに立ち返れた。狙いどおりの守備ができたことは収穫だった」