2018.03.07

柏レイソル、こんな勝ち方じゃダメだ。
悲願のアジア制覇へ遠い道のり

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 西村尚己/アフロスポーツ●写真 photo by AFLO SPORTS

 柏レイソルは、クラブとして悲願とする「アジア制覇」に向け、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)第3節、傑志(キッチー/香港)との戦いに挑んでいる。第1節は全北現代(韓国)に敗れ、第2節は天津権健(中国)に引き分け。勝ち星なしで残り4試合と、猶予はなかった。

「(傑志戦は)負け、あるいは引き分けても、決勝トーナメント進出は厳しくなる」

 それがチームの共通認識であり、乾坤一擲(けんこういってき)の勝負になった。柏はアジア王者への可能性を示せたのか?

ACL傑志戦で貴重なゴールを挙げた伊東純也(柏レイソル) 3月6日、日立柏サッカー場。前評判通り、立ち上がりから試合は柏が主導権を握っていた。

 香港の雄である傑志だが、ACLはすでに2連敗で0得点9失点。レベル的にはJ2のチームにJ1の外国人助っ人が混じった程度だろうか。ひとつひとつのキックやトラップに微妙なズレが出て、リズムをつかめない。

 一方、柏もボールは支配したが、決定的な形は作り出せなかった。Jリーグ横浜F・マリノス戦から中3日。先発を7人も替えたことで(そのうち4人が今シーズン新加入選手だった)、プレーに連動性を生み出せない。サイドで幅を取る攻撃ができないことで、相手の中央の守備が乱れず、簡単に跳ね返される。前線の選手も深みを作るようなポストや裏への抜け出しをするわけでなく、遠目から可能性の低いボールを蹴り入れるしかなかった。

「思っていたよりも、難しい試合になった」(柏・MFキム・ボギョン)

 前半16分には、何気なく蹴り入れられたロングボールをDF中谷進之介が処理できず、エリア内で相手に入れ替わられると、左足ボレーでシュートを打たれてしまう。これはGK中村航輔が鋭い反応で弾き出したが、攻守に綻(ほころ)びが出ていた。