2018.03.06

ちっとも怖くないぞ、浦和レッズ。
なぜ攻撃にリスクを負えないのか?

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 北海道コンサドーレ札幌との開幕戦で勝利を収めたものの、サンフレッチェ広島の戦いぶりは大いに不安を感じさせるものだった。とりわけ、アイデア不足の攻撃には怖さがなく、どのように点を奪うかという意図がほとんど感じられなかった。

ホームで逆転負けを喫し、険しい表情で引き上げる浦和の選手たち しかし、それからわずか1週間――。浦和レッズの本拠地に乗り込んだ一戦で、広島の攻撃は「劇的に」とまでは言わないものの、「着実に」良化していることをうかがわせた。

 その要因となったのは、MF川辺駿の存在である。右サイドからトップ下にポジションを移した後半に、この22歳のアタッカーが躍動した。相手の最終ラインとボランチの間でボールを引き出し、鋭いドリブルでエリア内に侵入していく。その果敢な仕掛けがふたつのゴールを導き、広島に逆転勝利をもたらしたのだ。

 昨季までジュビロ磐田に3年間、期限付き移籍していた川辺は今季、満を持して広島に復帰。しかし、開幕戦では本来の中央の位置ではなく右サイドに起用されたことで、その攻撃力を生かすことができなかった。この日も右サイドでの出場だったが、後半のポジション変更が転機となった。

「サイドハーフでは自分でもあまりよさが出ないと思っていますが、そこで守備をすることによってチームが崩れずにいけることが札幌戦でわかりました。ただ、今日は自分がトップ下に移った瞬間に勝負だと思いましたし、自分でものびのびできてギアが上がるのがわかった。アシストではないですけど、2点に絡めてよかったです」

 もともとはボランチやトップ下が主戦場の選手である。本来のポジションで生き生きとプレーした川辺こそが、間違いなくこの日の逆転勝利の立役者だった。

「開幕戦より少し進歩したかなと思うし、浦和レッズというすばらしいクラブにアウェーで逆転できたというのは、大きな自信になると思う」

 今季よりチームを指揮する城福浩監督にとっても、手応えを得られる一戦となったのは確かだろう。