2018.02.26

「川崎フロンターレ時代」はくるのか。
難敵ジュビロを退け白星発進

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by KYODO NEWS/Getty Images

 2月25日、エコパスタジアム。Jリーグ王者・川崎フロンターレはJ1開幕戦でジュビロ磐田の本拠地に乗り込み、0-3と幸先のよい勝利を飾っている。効率よく得点し、辛抱強く守る。派手さはないが、堅実な1勝だった。

「開幕はまだ体が満足に動かない部分もある。その中で、とりあえず勝てたのがいいこと」

 今季から川崎に復帰したFW大久保嘉人は、淡々とその心中を語っている。

「(優勝したチームに戻ってきて)多少は選手たちが自信をつけたのかなぁと思う。今日のように(苦戦しても)勝てるわけだし。(途中出場だったのは)切り札的に使うっていうことだった。まあ、言いたいことはあるけど、今はあまり言わないようにしている(笑)。これからが長いから」

 大久保は先を見据えていた。

 ゼロックススーパーカップ、アジアチャンピオンズリーグで連敗を喫し、開幕が不安視されていた王者・川崎。重圧がかかる中、好結果で発進することはできた。はたして、昨シーズンよりもグレードアップし、「川崎時代」を作れるのか?

ジュビロ磐田戦で1ゴール2アシストの活躍を見せた中村憲剛(川崎フロンターレ) 序盤、川崎は思いのほかボールを運ぶのに苦しんでいる。連敗中の動揺もあったのか、バックラインから中盤にボールをつけるのもままならない。
 
 一方、磐田は「後半途中までは0-0、もしくは0-1とリードを許しても時計の針を先に進める」という戦略で、ラインをコントロールしながら、ボールの出どころを潰し、ミスを誘う。何度かカウンターのチャンスを得て、アダイウトンがGKと1対1になる場面もあった。