2018.02.23

ジュビロの黄金期を再び。山田大記を
感動させた中村俊輔のアドバイス

  • 望月文夫●取材・文 text&photo by Mochizuki Fumio

 不甲斐ないシーズンを過ごして、山田自身、復帰2年目にかける思いは強い。ただし、決して欲張ることなく、ひたむきな姿勢で”再出発”を誓う。

「(自分の立場は)まだチャレンジャー。まずは試合に出ることを目指すが、いろいろなことに挑戦していきたい」

 その言葉どおり、迎えた鹿児島キャンプでは何事も懸命にこなした。鹿屋体育大との練習試合では、磐田復帰後、初めてボランチでプレーした。山田が言う。

「ポジションはどこでもいい。いろいろなポジションを経験して、周囲との連係を高めておくことが大事」

 慣れないポジションながら、攻撃の起点となって試合をコントロールした山田。2試合連続となるゴールも決めて、その存在をアピールした。

 とはいえ、今季も山田の定位置は確約されていない。最も得意とする2列目には主軸の中村、アダイウトンがいる。ボランチもムサエフがいて、期限付き移籍で在籍していた川辺駿はサンフレッチェ広島に戻ったものの、名古屋グランパスから田口泰士が移籍加入。熾烈なポジション争いを勝ち抜かなければ、再び出番は限られてしまう。

 厳しい競争に直面している山田だが、その表情に焦りの色はなかった。ひとつは、昨季の反省がある。山田が語る。

「(磐田に)再加入した直後は、がんばって筋トレをやりすぎた。その後、ケガもしてしまったので、今年は8割程度の力で、抑えながら練習している。チーム練習後に余力があっても、追加で個人練習をしないとか。余裕を大事にしている」