2018.02.22

故郷のV・ファーレン長崎、
徳永悠平が分析する「J1残留の可能性」

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun
  • photo by YUTAKA/AFLO SPORT

 チームの目標は、まずはJ1残留。だが、J1で初めて戦うチームが、その舞台に生き残ることは決して容易なことではない。序盤戦から勝ち点を積み重ねていかなければ、夏の終わりには先が見えてしまう場合もある。徳永もその点はよくわかっている。

「(J1で生き残るには)最初が肝心ですし、スタートが勝負だと思っています。そのために、チームの始動を早くして、練習試合もたくさんこなしてきました。

 ポイントになるのは、W杯開催による中断の前までに、どのくらいの位置にいられるか。10位前後にいれば、残留の可能性も見えてくると思うので、まずはそのラインを目指して、スタートからしっかり勝ち点を稼げるように集中して戦っていきたい。ひとつ勝てば『いける』ってなると思うので、早く1勝を勝ち取りたいですね」

 J1の舞台でどれだけやれるのか――徳永の表情から不安は感じられなかった。むしろ期待感のほうが大きく、やる気がみなぎっていた。

 初のJ1に挑む、長崎の戦いぶりに注目だ。

◆優勝は? 降格は?「今季J1の全順位」を事情通5人が予想してみた>>

◆レイソル、痛恨のドロー。「町の中華料理屋さん」の豪華シェフに被弾>>

■Jリーグ 記事一覧>>

関連記事