2018.02.15

ジュビロで覚醒して帰還。ハリルよ、
サンフレッチェ川辺駿を見よ!

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by AFLO

 自信を確信に――。充実の3年間を経て、川辺は自身を育ててくれたクラブへと満を持して帰還を果たしたのだ。

 城福浩新監督が就任した今季の広島は、まさにゼロからのスタートとなる。残留争いを強いられた昨季の悪夢を払拭し、ふたたび強豪クラブへの一歩を踏み出せるのか。川辺は新生・広島の象徴として、重要な役割を担うだろう。

 ここまで城福監督は4-3-3と4-4-2のフォーメーションを試しているが、川辺がより生きるのは4-3-3のインサイドハーフだと思われる。高い位置で決定的なパスを通せるし、ハードワークもいとわない。後方からドリブルで持ち上がることもできれば、前線を追い越しゴール前に顔を出す走力も備えている。その推進力は昨季、得点力不足に苦しみ下位に低迷した広島にとって大きな武器となるはずだ。

 また、「インサイドハーフ」と「推進力」というワードでくくれば、それは日本代表にも求められる要素だ。いまだ適任者が見つからないこのポジションに、川辺が入り込む余地は決してゼロではないだろう。

「A代表に入ってワールドカップで活躍することを、今は一番近い目標に設定しています。来シーズンは開幕と同時にスタートダッシュを切って、今いるメンバーを脅(おびや)かすようにがんばります」

 昨年末、Jリーグの若手選手の活躍を讃える表彰式で川辺はこんなことを語っていた。まずは広島でレギュラーの座を掴み、ワールドカップ開幕までの限られた期間でインパクトを放つ活躍を示す。そのハードルはあまりにも高いが、運命的なキャリアを積み上げ、右肩上がりで成長を続ける川辺がハリルホジッチ監督のリストに入ってきても不思議はない――。そんな期待を抱かせる稀有な選手である。

◆大岩剛をコンバート。ベンゲルが魔法をかけて、グランパスは変貌した>>>

◆本家よりも「バルサらしい」分家・マンCこそ、CL優勝候補の筆頭だ>>>

■Jリーグ 記事一覧>>

関連記事