2018.02.15

ジュビロで覚醒して帰還。ハリルよ、
サンフレッチェ川辺駿を見よ!

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by AFLO

2018年、私のイチオシ「Jリーガー」(2)
川辺駿(サンフレッチェ広島/MF)

 サンフレッチェ広島のアカデミーは、森﨑和幸・浩司の双子の兄弟を筆頭に、駒野友一、髙萩洋次郎、槙野智章、柏木陽介ら数多くのタレントが輩出してきた。

 Jリーグでも屈指の下部組織を備える広島は、金銭的に恵まれているわけではない。だからこそ地方クラブが生き残るため、育成型クラブの道を着実に歩んできた。とりわけ、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督が指揮した時代は、スタメンの半数近くをユース出身選手が占めたこともあった。

ジュビロ磐田から今季サンフレッチェ広島に帰ってきた川辺駿 しかし近年は、そのクラブのアイデンティティが崩壊しつつある。

 そのキッカケは、2012年のJ1リーグ初優勝だろう。悲願の初タイトルを手にしたことで、育成型クラブは常勝を義務づけられたチームへと変貌。毎年のように主力が移籍したものの、他クラブから実績十分の選手を補うことで、チーム力を維持してきた。

 一方で、決して広島ユースが選手を育てられなくなったわけではない。高円宮プレミアリーグでは常に上位に顔を出し、チャンピオンシップでは過去7年で2度の優勝と1度の準優勝を成し遂げている。また、毎年のようにユースからトップチームに昇格しており、選手の供給源の役割も維持されている。

 しかし、3度の優勝経験を誇るメンバーが軸をなす主力の壁を打ち破るのは容易ではなかった。昇格しても出場機会はほとんどなく、2年目、3年目ともなれば他クラブにレンタル移籍となる。そして、そのまま帰ってこないケースも少なくはない。

 2015年にジュビロ磐田にレンタル移籍した川辺駿(かわべ・はやお/22歳)も、同じ道を歩むかと思われた。

 川辺は中学時代から広島の下部組織に在籍し、ユースでは高校1年次からレギュラーを掴んだ。主要ポジションはボランチながら、トップ下でも起用される攻撃能力が最大の持ち味だ。

 2013年の高校3年次には、ユースに在籍しながらプロ契約を締結するなど、クラブもこの才能に高い評価を与えていた。同年にはリーグ戦で3試合に出場し、ACLのピッチにも立つなど、今後の飛躍が期待されていた。