2018.02.10

セレッソ杉本健勇の「豪華な今季目標」。
タイトル4つと、W杯に出る

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun
  • photo by Kiyoshi Ota - JL/Getty Images for DAZN

 1年を通して、ずっと(調子が)いいときはないじゃないですか。80%のときもあるし、60%のときもある。それでも、その時点でのマックスのプレーをしないといけないし、いいパフォーマンスを見せないといけない。それは、昨年プレーして感じたことなんで、今年も常に100%を目指しつつ、そのときどきの調子でベストを尽くすようにやっていきたいですね」

 今年はロシアW杯もある。国内組の中では、ハリルホジッチ監督からの評価も高い杉本だが、大迫勇也(ケルン/ドイツ)などに対する信頼度にはまだ届いていない。23名のメンバー入りを果たすためには、開幕からド派手な活躍を見せなければいけないだろう。

「(W杯メンバー入りを果たすには)結果が大事になると思うんで、開幕からやらないといけないですね。ここ2年くらいは、春から夏と暑くなるにつれて調子が上がってきていたんですよ(笑)。でも今年は、最初からギアを上げていかないと。W杯(出場)は大きな目標なんで」

 W杯に出場するためには、同僚の山口蛍と同様、「チームがいい結果を出すことも重要」だと言う。

「自分が結果を出せば、代表メンバーに選ばれると思うし、チームの結果にもつながる。とにかく、今年は全部のタイトルを獲りたい。昨季、2冠を達成したことは、もうどうでもいいんですよ。

 確かに、昨季ふたつ(のタイトルを)獲れたことで自信がつきましたし、タイトルを獲るっていう感覚も身についた。でも今は、(今季)どれだけタイトルが獲れるかっていうところに気持ちがいっている。もちろん簡単じゃないと思いますよ。相手は研究してくるだろうし。

 だけど、それはわかっていることだし、そんなのは関係ない。俺らがやればいいだけの話ですし、やれるだけの自信を持っています」