2018.02.05

セレッソ山口蛍は言う。「W杯より、
ACLより、まずはリーグ制覇へ」

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun
  • photo by Etsuo Hara/Getty Images

 そんなチームのマネジメントを含め、今季はキャプテン山口に求められることは多いだろう。彼自身、理想とするキャプテン像というのはあるのか。その理想像に近づくために、何かしら特別なことをしているのだろうか。

「理想のキャプテン? う~ん……長谷部(誠)さん? それはないですね(笑)。自分はああいうこと(キャプテンらしい言動や振る舞い)はできないし、自分に合っていないことはできないので。どちらかというと、背中で引っ張るというか、(自らの)プレーで引っ張るしかない。それしかできないんで。

 キャプテンとしてすべきことも特にないです。みんなが助けてくれるので。これといって、(キャプテンだから)仕事がたくさんある感じはしない。まあ、自分らしくやっていきます」

 キャプテンだからといって、何ら気負うところはない。山口のことをよく知る、清武や柿谷曜一朗、水沼らチームの仲間がうまくサポートしてくれて、山口がやりやすい環境を作ってくれている。

 自分の能力を最大限に発揮できる環境で、キャプテンマークをつけた今シーズンは、一段と凄みを増した山口が見られそうだ。

◆「パスは未来へ出せ」。ベンゲルは低迷するグランパスの選手に言った>>

◆香川真司、早くも大爆発の新相棒バチュアイを「一緒に崩せる」と絶賛>>

■Jリーグ 記事一覧>>

関連記事