2018.01.31

新加入・江坂任は「Jのベンゼマ」だ。
柏レイソルが完勝でACL本戦へ

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 西村尚己/アフロスポーツ● photo by AFLO SPORTS

「優勝を狙います。アジアチャンピオンになる、というのはクラブとして掲げている目標なので」

 柏レイソルの下平隆宏監督は試合後の会見で、高々と宣言している。アジアチャンピオンズリーグ(以下ACL)本戦出場を決めた安堵感もあったのだろう。

 1月30日、日立柏サッカー場。ACL出場を懸けたプレーオフで、柏はタイのムアントン・ユナイテッドを3-0で下している。スコアもそうだが、内容も完勝に近かった。昨シーズン、Jリーグで優勝争いをした若いチームに新戦力が加わり、確実に層は厚くなっている。

 では、クラブとして悲願とするアジア制覇に近づけるのだろうか?

今季から柏に加入、ムアントン戦でも存在感を発揮した江坂任 序盤、柏は動きにぎこちなさがあった。スタメンの10人が昨シーズンと同じメンバーで、プレーコンセプトも変わっていないが、今季が始動してからわずか20日間。試合勘の鈍さやコンディショニングの難しさが見受けられた。単純なミスも目立ち、攻撃のリズムが合わない。プレスも外され、単調な1本のパスを通されるなど、危うい場面もあった。

「シーズン1発目の試合だけあって、フィットネスの面で思うようには入れなかった」(柏・クリスティアーノ)

 もっとも、前半10分を過ぎると柏がペースを握る。ひとりひとりの選手の技術格差がじわじわと出てくる。

「レイソルの強さを認めざるを得なかった。スキルの点で、我々はまだそのレベルに追いついてない」(ムアントンのトチタワン・シーパーン監督)

 ムアントンは、バックラインから有効な組み立てができなくなる。5-3-2の守備的フォーメーションで”籠城”。時間稼ぎのようなプレーも目立った。

次のページへ