2018.01.18

玉田圭司に聞くJ1昇格。
「風間さんほど細かい技術的指導は初めて」

  • 井川洋一●文text by Igawa Yoichi

――具体的に言うと?

「特に言われたのは、ボールを止める位置ですね。どこにボールを置くべきかは状況によって変わりますが、『最も次のプレーに移りやすい位置に完璧にトラップできるように』と。当たり前のことだけど、すごく大事なことですよね。あとはパスを出すときに、『味方を見るのではなく、相手を見ろ。相手の動きがわかれば、どこに出すべきかがわかる』とも言われました」

――かつて玉田選手が指導を受けた、ドラガン・ストイコビッチ監督も技術を大切にするようなイメージがありますが、また違いますか?

「そうですね。(風間監督のほうが)より具体的、というか。もちろん、何が正解ということはないので、選手が監督の言うことを自分の頭で整理することが大事だと思います」

――風間監督の指導や戦術を理解するうえで、難しかった点はありますか?

「最初だけ、ちょっと戸惑いのようなものはありましたけど、本当に最初だけでした。監督は、言うこととやることが一貫しているので」

――戸惑った部分はどんなところにあったのでしょうか。

「とにかく"質"を追求する監督なので、ミスが続いたりするとキツいことを言われることもありました。でも、いいプレーは褒める。アメとムチの使い方が絶妙でしたね」

――風間監督の練習メニューで独特なものがあれば、教えてください。

「必ずボールを使います。技術もフィジカルも、ボールを使いながら強化するという考え方ですね。実際に、ボールを使った練習をずっとやっているほうがキツいんです」