2018.01.16

浦和の命運がかかる大一番で下された、
エース・福田正博への非情采配

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun

 ただ、福田は自らがスタメンから外れることは予感していた。

「最終戦直前のJヴィレッジでの合宿で、最後に福島のチームと練習試合をやったんですよ。そのとき、俺は後半からサブ組でプレーした。それで『これは広島戦、(自分は)スタメンじゃないな』と思った。

 でも、レギュラー組が戦った前半が0-0で、内容が本当にひどかった。『おいおい、こんなんで大丈夫かよ』って、本気で思ったからね。それで、『まさかこのメンバーのままで(試合に)いくわけないよな』と淡い期待を抱いていたんだけど……、当日のスタメンはそのときの前半のメンバーのままだった。

(ア・デモス)監督は、広島DF陣のフィジカルが強いから、俺を起用しないことにしたらしい。だけど、俺はチームで一番点を取っている自負があったし、(最終節の会場となる)駒場ではよく点を取っていて、最終戦でも(点を取る)自信があった。

 それなのに……。シーズンを通して2、3点しか取っていない選手を、最後の最もプレッシャーのかかる大事な試合で最初から使うことに、俺は理解できなかった。正直、あのときは怒りしかなかった」

 スタメンの11人を決めるのは監督の専権事項だが、最終戦の、それも相当なプレッシャーのかかる試合で、経験の少ない若手を起用することはリスクが大きい。福田に限らず、誰もが疑問に思ったことだろう。しかも、格下相手の練習試合でまったく機能していなかったにもかかわらず、だ。

 福田は、自分に対する監督からの信頼のなさを痛感すると同時に、「本当に勝つ気があるのか」と、監督に対する大きな不信感を抱いた。