2018.01.11

「鳥栖とともに…」と言い続けてきた
豊田陽平が韓国行きを決めた理由

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by AFLO

「自分は鳥栖に本当に必要とされているのか?」

 豊田は「我慢が自分の人生」と言い切るほどに、求道心が強い。己と戦うことで、今の成功をつかみ取った。答えを探す旅に出るのは必然だったのかもしれない。

 過去に、Jリーグの他のクラブから倍の年俸を提示されても動かなかった。欧州のクラブからのオファーにも、首を横に振っている。「利」や「理」では決して動いていない。しかしプレーしたいという欲求は、サッカー選手にとってほとんどすべてである。

「選手生活はあと5年。残された時間は長くはありません。その中で、選手として後悔がない戦いをしたい。最近、次男がサッカーを好きになってきたようで。次男にもパパがサッカーをやっているところを見せたいなというのはありますね」

 豊田はそう洩らしていた。

「プレイする喜びを取り戻したい」

 その言葉が、今回の移籍理由に尽きる。かつて鳥栖を率い、尊敬するユン・ジョンファン監督が2016年まで率いていた蔚山現代に移籍するのも運命か。豊田にとって、存在証明を懸けた戦いになる。

◆今の環境は「ある意味ヤバイな、と」井手口陽介が悩み抜いて海外へ>>

◆大迫、平山、浅野...歴代得点王とは違う高校サッカーの「小さな怪物」>>

■Jリーグ 記事一覧>>

関連記事