2018.01.09

前橋育英、点が入らなくても慌てず騒がず。
流経大柏をこじ開け初優勝

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 高橋 学●撮影 photo by Takahashi Manabu

 後半に入っても、驚異的と表現していいほどの粘り強いディフェンスで、前橋育英に得点を与えない流経柏。こうなると、攻めている前橋育英に嫌なムードが漂い始めるのが、サッカーの常である。時折、流経柏が繰り出すカウンターも、そんな雰囲気に拍車をかけた。

 しかし、流経柏は耐えて守ることはできても、そこからさらに勝利を手繰り寄せる手段は持ち合わせていなかった。「なかなか勝負をかけられなかった。策が見つからなかった」とは本田監督の弁だが、準決勝でスーパーゴールを叩き込んだMF加藤蓮(かとう・れん/3年)を交代投入するなど、前橋育英よりも先に手を打つも、さしたる効果は見られなかった。

 その一方で、前橋育英は総体で敗れた経験から、「今日は普段どおりに戦えた」と渡邊。アルビレックス新潟入りが内定している攻撃的サイドバックは、「もう少し攻撃に厚みを出せればよかったが」と反省の弁を口にしながらも、「時間が経つにつれ、ボールをつなげるようになった。前半の終わりぐらいにチャンスが作れて、後半はいい感じで攻められた」と語る。

 自分たちがやるべきことはできている。そんな手応えのある前橋育英に焦りはなかった。キャプテンのMF田部井涼(たべい・りょう/3年)はこう言う。

「流経柏は、ホントに守備が堅くて強いチーム。だから、(得点が)入らないのが当たり前というくらいの気持ちで焦れずにやれた」