2017.12.04

「落ちない甲府」のJ2転落。
ファンは日が暮れても選手に寄り添った

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Masashi Hara-JL/Getty Images

 仙台はボールをつなげ、運ぼうとしている。それは1シーズン、取り組んできた戦い方だった。ただ、凹凸のあるピッチで思うようにいかない。

 甲府は仙台の攻撃の拠点を高い位置から潰している。奪って、技術精度の低さからボールを失っても、強度の高い守備で再び奪い返す。ラインをコントロールしながら、適切な距離感を得てペースを握った。とりわけウォーミングアップ中のケガでメンバー変更があった仙台の左サイドを、右サイドの小出悠太が鋭い出足で潰し、何度かカウンターに持ち込んでいる。

「負けられない、勝たなければならない、という状況になって、チームとしていいゲームができるようになった。大宮戦もそうでした。今日もそうで、こういう戦い方をもっと前からできていれば......」(甲府・小椋祥平)

 今シーズンの甲府は、「6バックで守るだけ」というイメージからの脱却を試みている。それは変化、革新と言えるだろう。今シーズンから甲府を率いることになった吉田達磨監督の功績だ。

「今シーズンは上位とがっぷり四つに組める試合が増えました。達磨さんとは開幕前に、『ヴァンフォーレのベースを上げよう』と話していました。(指示なしでも)自然に体が動くようになっている」(甲府・山本英臣)