2017.11.30

我々がいるべき場所はJ1。
変幻グランパスは堅守アビスパを崩せるか

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Matt Roberts - JL/Getty Images for DAZN

 とはいえ、J1昇格プレーオフはまだ準決勝が終わっただけ。名古屋はまだ何も成し遂げてはいない。同点ゴールを決めた田口も「次が大事。次の試合で結果を出さないと意味がない」と決勝を見据える。

 12月3日に行なわれる決勝の相手は、名古屋と同じく、1年でのJ1復帰を目指すアビスパ福岡である。福岡のリーグ戦総失点36は、湘南ベルマーレと並ぶJ2最少タイ。彼らが築く堅陣を崩すのは容易(たやす)いことではないはずだ。

 それでも、名古屋にひるむ理由はない。名古屋のリーグ戦総得点85はJ2最多。J2最強の攻撃陣を引っ張るシモビッチは、堂々と言い切る。

「今、頭のなかにあるのは、”我々がいたJ1”に帰ることだけ。そのために決勝でしっかりと勝ちたい」

 かつてはJ1の頂点をも極めた名古屋が、奈落の底に突き落されて1年。戻るべき場所まで、あと一歩である。

◆一方のアビスパ福岡は井原マジックでグランパスに勝つ気マンマン>>

◆独自スタイルを捨ててJ2降格を免れたサンフレッチェが払う代償>>

■Jリーグ 記事一覧>>

関連記事