2017.11.05

セレッソ大阪、ルヴァンカップ優勝。
初の戴冠に至る「ふたつの伏線」

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 そして笑顔の指揮官は、この勝利の裏にあった、もうひとつの伏線を明かす。

「川崎と言えば、17年前のことを思い出す。優勝を目の前にしながら逃したことは、記憶に残っている」

 17年前の2000年、セレッソはJ1ファーストステージ最終節を前に、首位に立っていた。最終節で勝てば、もちろん初優勝。ところが、延長戦の末に1-2で敗れ、指先に触れかけていたタイトルを横浜F・マリノスにさらわれた(当時のJリーグは延長Vゴール方式が採用されていた)。そのとき、背番号6を背負ってピッチに立っていたのが尹晶煥監督であり、苦杯をなめさせられた相手が川崎だったのだ。

「17年経って、やり返すことができた。歴史は結果を出すことで書き換えられる。今日の勝利でセレッソの新しい歴史が書き加えられた」

 1カ月越しの、そして17年越しのリベンジは、長い負の歴史のピリオドであると同時に、新たな歴史のスタートでもある。

■Jリーグ 記事一覧>>

関連記事