2017.10.23

コンサドーレJ1残留へ。
一芸ある選手の力で「アウェーでも勝てた」

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by Getty Images

「今日はホームのように、しっかり前からいくという決まり事を持って試合に入った。それが前半からできたと思います」

 3バックの一角を担うDF福森晃斗は、そう説明する。その積極性が序盤の猛攻を実現し、試合の流れを掴むことに成功したのだ。

 では、なぜその姿勢をこれまで打ち出せなかったのか。それは、経験値の不足による部分が大きいだろう。

「開幕当初は会場の雰囲気だったり、相手のネームバリューに圧倒される部分があった」

 都倉はそう説明する。

「でも、J1にも慣れて、結果がもたらす自信を積み重ねられている。前回のアウェーの広島戦でも先制されたけど、慌てることなく安定感を持った戦い方ができていた。だから、アウェーでも勝てるという自信はありましたし、実際に今日は最初から相手を圧倒できた」

 昨季までJ2だった札幌には、絶対的に経験が足りなかった。しかし、J1で粘り強く戦い、勝ち点を積み重ねるなかで、「やれる」という手応えを掴んでいったことは想像に難くない。それはホームでより生きていたが、残留争いが本格化したシーズン終盤になって、アウェーでの戦いでも生かされるようになってきたのだ。