2017.10.10

今度こそ絶対、悲願のタイトルを。
中村憲剛がフロンターレを頂点に導く

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 しかし、この日は中村がピッチにとどまり、チームに好影響を与え続けた。その存在の大きさをMF谷口彰悟はこう振り返る。

「憲剛さんは周りが見えているし、落ち着きをもたらしてくれる。あそこでタメが作れることでまた違った展開も生み出されるし、うまくコントロールしてくれた。決定的なパスも出せるので、そうした怖さを相手に与え続けてくれていると思う」

 実際にこの百戦錬磨の司令塔は、前半からさすがというプレーを見せていた。たとえば1点を先制したのち、仙台に押し込まれる時間帯があった。そんななか、相手のセットプレーをしのいでカウンターを生み出せる機会があったが、中村はあえてペースダウンしてボールを落ち着かせた。オープンになりつつあった展開を自制するための判断だったのだろう。

 さらに1点差に追いつかれ、さらなる攻勢を浴びるなか、左サイドに流れたボールを懸命に追いかけてダッシュし、相手と激しく競り合いながらボールをキープ。結果的にサポートがなく、その後の攻撃に展開できなったが、押し込まれながらも"ここぞ"という場面で身体を張り、状況を打破しようと試みていた。

 今、何をすべきか。今は何をしてはいけないのか。中村が示したゲームコントロール術こそが、川崎Fに落ち着きと、そして勝利をもたらした最大の要因となったように思う。