2017.10.01

降格圏でもがく大宮。奇跡を起こせるのは
新エース・江坂任しかいない

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Hiroki Watanabe -JL/Getty Images for DAZN

「はっきりと裏へのボールを狙う、バックラインを押し上げる。そこを指示しました。江坂のランニングから起点になってくれて、流れが変わりました」(大宮・伊藤彰監督)

 長いボールを華麗なトラップでコントロールした江坂は、左サイドから際どいクロスを折り返している。これで警戒した清水を押し下げ、再びペースを握る。その後も、江坂は躍動した。右CKをヘディングシュートで狙い(ディフェンダーがクリア)、エリア内でボールを受けてマーカーを翻弄し、左足シュートはバーを叩いている。あと一歩まで迫った。

 しかし、大宮は攻めながらも得点を奪えない。勝利が必要なだけに、終盤はセンターバックの菊地光将を前線に上げ、パワープレーに及んでいる。しかしそれでも得点は生まれず、0―0のドローに終わった。

「点を取れる形がなかったわけではない。ただ、最後のクオリティを上げる必要がある。攻撃に入っていくパワー、人数も」(大宮・伊藤監督)

 大宮はこの日、2試合連続得点のマテウスを出場停止で欠いたことが、決定力の部分では痛手だった。先発に抜擢されたマルセロ・トスカーノはパワフルでアグレッシブだが、ボールを失う回数が多く、連係が噛み合わない場面も多く見られた。ベンチとしては、菊地を前線に上げるしかカードがなかった。