2017.09.21

ジュビロ復帰の山田大記。
ドイツ2部を生き抜いた経験で代表を目指す

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Kaz Photography - JL/Getty Images for DAZN

「ドイツに渡ってから、プロに入って初めて"自分のミスじゃないのにボールを取られる"というのが練習からあって。向こうは足ではなく、体ごとボディコンタクトしてくるんで、ガチャンと取られてしまう。間合いというか、スピード感覚というか、まるで違いました。特にスピードは、Jリーグではそれなりに自信があったんです。でも、あっちは1対2でも勝てるのが真のドリブラーで。1人目がバランスを崩すように当たってきて、2人目が必ずカバー。あの厳しさは、行かなきゃわからないところはありますね」

 山田は1年目から左MFとしてレギュラーの座をつかみとり、1部昇格入れ替え戦に出場したものの、最後の最後で涙をのんだ。

「でも、ああやっていれば、こうやっていれば、というのは、自分は不思議とないんですよ」

 山田は快活な表情で言った。

「相手のハンブルガーは(クラブ史上)一度も落ちたことがなかったので、アウェーでは本当に殺気立っていました。身の危険を感じるというか。そこでの戦いは人生で一番震えましたね」

 ドイツで刺激的な日々を過ごしていたが、3年目にクラブは4回監督が交代するという乱調に陥り、3部降格が決まって選択を迫られることになった。

 では、なぜJリーグに戻ってきたのか?