2017.09.10

迫る降格圏。それでも「残留の達人」
ヴァンフォーレ甲府は自信あり

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Ken Ishii -JL/Getty Images

 自陣でアンカーの兵働昭弘が、外に張り出た右センターバックの新井涼平に展開。新井は持ち上がると、前線を走るリンスに長いボールを入れる。リンスはもつれながらこぼれ球を収め、ポジションをあげた兵働に落とす。兵働はこれをダイレクトで体の向きと逆の右サイドに流す。攻め上がっていた橋爪勇樹はライナー性のクロスを送り、ゴール前に入ったリンスがジャンピングボレーで狙った。

 ゴールには届かなかったが、練度の高さを感じさせた。特筆すべきは、クロスが上がった瞬間だろう。ゴール前にニア、真ん中、ファーと3人がポジションをとり、得点の確率を論理的に高めていた。

「攻撃はどこから相手の陣内に入っていけばいいのか、というのがチームとしてスムーズにできている。ペナルティエリアに何度も入っていけているし、決定的場面も作った。トライしていることに間違いはない」(甲府・兵働)

 甲府はサッカーで清水を上回っていた。昨シーズンまでのように、6バックも辞さないような守備一辺倒ではない。ボールゲームとしてのサッカーで、相手に対抗できるようになった。清水戦だけでなく、前節の川崎フロンターレ戦も互角の戦いを演じている。戦力的には厳しいと言わざるを得ず、勝ち切るのには苦労しているが、これは大きな変化と言えるだろう。