2017.08.28

J2降格圏にあえぐ大宮と広島。
「奇跡の残留」あるとすればどっちか

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Hiroki Watanabe - JL/Getty Images for DAZN

 その一方で、広島もまた、チーム立て直しの作業は一進一退というのが現状である。

 監督交代によってフォーメーションは、広島の代名詞でもあった3-4-2-1から4-2-3-1へと変化。それとともに戦術も様変わりしたのだから、当然と言えば当然だが、かつての流麗なコンビネーションはまだまだ取り戻せていない。

「(戦い方が)不安定なのは確か。練習では(攻撃でのコンビネーションの)形ができてきているのだが、それを試合で意図して出せるかというと......、パトリック頼りなのが現状。形ができなければ、守備のところでどれだけ失点せずに進めるかで精一杯なので、何とか勝ち点を拾う試合しかできない」

 キャプテンのMF青山敏弘はそう語り、表情を曇らせる。数少ないチャンス(広島のシュート数はわずか5本)を生かして先制しながらも勝てなかった広島は、今季初の連勝をまたしても逃す結果となった。

 結局のところ、両クラブとも浮上のきっかけをはっきりとはつかめていない。だとすれば、どちらにも勝つチャンスがあった1-1の引き分けも、残念ながら妥当な結果ということになるのだろう。

 とはいえ、この一戦が十分に見応えのある試合だったことも事実である。うまくいかない部分が多々ありながらも、互いに戦う姿勢を前に出し、ゴール前で際どくせめぎ合う。そんなシーンの連続は、単純にエンターテインメントとして面白かった。