2017.08.21

堀監督のエッセンスを見事にブレンド。
「守れる浦和レッズ」が誕生

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • photo by AFLO

 この試合で2得点を挙げ、自身のキャリアハイでもあるリーグ戦15得点目を記録した興梠も「守備に関しても、そこまで崩れることなくできていた。守備は前から始まると思うので、(コースを)限定することはもちろん、そこで取り切るということもやっていきたい」と語った。最終ラインを担う遠藤と、前線を務める興梠の言葉が示すように、今の浦和は、前から奪いに行けるところは前で、ブロックを形成して守るべきところでは後ろでと、切り替えながら対応する守備ができつつある。

 そこにはマウリシオの加入も大きい。ゴール前で相手の攻撃を食い止めるだけでなく、その冷静な判断力は後半に浦和が見せたカウンターの起点にもなっていた。MF柏木陽介がその効果について説明してくれた。

「マウリシオが入ったことで、すごくボールが落ち着く。真ん中にもパスを入れられるので、ボールを動かすことができる。それでいて守備でもガツンといってくれるので、そこは大きいかな」

 選手たちのポテンシャルはもともと高い。守備が安定すれば、その相乗効果は攻撃にも現れる。