2017.07.28

新生サンフレッチェが初陣。
J1残留の「黄信号」は青に変わるのか

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 柏自身もそれを実感していたからか、試合後にはこう語っている。

「個人的にはミスも多かったですし、もっと、もっとクオリティを見せて、相手に怖さを感じさせていかなければいけないですよね。叩いて出たり、ドリブルで仕掛けたり、ワンツーをしたりと、アイデアや発想が生きるポジションなので、(トップ下の柴﨑)晃誠さんも含めてやっていければと思います」

 4-2-3-1にしたことで、ダブルボランチを務める青山とMF茶島雄介が高い位置で前を向ける機会も多くなり、前線に縦パスが入る頻度が増えたことは光明である。だが、柏しかり、トップ下を務めた柴﨑しかり、その個性が薄れてしまっていたのは気がかりである。就任から間もないことを考えれば致し方ないかもしれないが、新監督は選手の個性や、特徴を活かす方法を模索する必要があるだろう。

 もうひとつ、ヨンソン監督はサイド攻撃をテーマとして掲げた。

「今日の試合は、クロスを入れて攻撃を仕掛けるという局面がもう少し足りなかったと思います。クロスを入れていくところのクオリティですよね。そういうところをもっとよくしていかないといけない」

 試合後、「がんばっていた選手」として、わざわざ新監督から名指しで期待を寄せられた左サイドバックの高橋が、新たに目指すサッカーのキーマンとなりそうだ。本人も「監督から右が30、左が70の割合で上がっていけと言われていた」と明かしたように、柏も含めた左サイド攻撃が頼みの綱となる。