2017.07.28

青森山田、東福岡、前橋育英が
早々に激突で、高校総体サッカーが熱い!

  • 松尾祐希●文 text&photo by Matsuo Yuuki

 さらに、この春先には柏レイソルU-18からU-18日本代表のFW中村駿太(なかむら・しゅんた/3年)が加入。前線の核として存在感を増しており、攻守に隙のない陣容は昨年のチームと比べても見劣りしない。それほど充実した戦力がそろっているだけあって、高円宮杯U-18プレミアリーグEAST()でも現在2位という好結果を残している。
※高校とクラブなど第2種登録チームのすべてが参戦し、ユース年代のトップを決めるリーグ戦。最高峰のリーグは『プレミアリーグ』と呼ばれ、EAST10チーム、WEST10チームで争われる。その下のクラスに、各地域(北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州の9地域)ごとに行なわれている『プリンスリーグ』がある。

優勝候補の青森山田と東福岡が2回戦で激突か ただし、青森山田のブロックには、先述したV候補の東福岡と前橋育英が控えている。順当なら、2回戦で東福岡と、3回戦で前橋育英とぶつかることになる。その壁を破るのは、決して容易なことではない。

 東福岡は今年も豊富なタレントをそろえ、覇権奪回を虎視眈々と狙っている。中心となるのは、U-20日本代表候補のDF阿部海大(あべ・かいと/3年)と、大会屈指の技巧派アタッカーであり、主将を務めるMF福田湧矢(ふくだ・ゆうや/3年)。それぞれ、複数のJクラブが注目している逸材だ。

 その他、脇を固める人材も粒ぞろい。自慢の攻撃力が爆発すれば、最大の激戦区を突破する可能性は十分にある。青森山田、前橋育英といった難敵を打ち破れば、一気に頂点が見えてくるだろう。