2017.06.21

決定機を逸したFC東京・大久保嘉人の懺悔。
あとは俺が決めるだけ…

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by Getty Images

「相手のプレスにハメられたときに逆サイドに出せば、すごいチャンスになるんだけど、同じ方向しか見ていない。ひとつのパスで絵が変わるのに、変えることができていない。そこは個人の問題だから、意識してやってほしい。そうなれば、やり方も明確になると思うし、チームとしてもっとよくなっていくと思う」

 FC東京の今季のスタイルは、ポゼッション型ではなく、トランジション型に分類されるだろう。力強いプレスでボールを奪い、素早く切り替えて相手陣内にスピーディに攻め込む。ショートカウンターが主体のサッカーは、相手の間でボールを受けてバイタルエリアで連動していく川崎F時代とは、やはり大きく異なる。

 もちろん大久保としても、チームが変わった以上、今のやり方にアジャストしていく必要があるだろう。とはいえ、極端なスタイルの変化に即時フィットするのは、経験豊富なストライカーであっても、そう簡単な作業ではないのだろう。

「前の選手は能力があるので、チームとして生かし切れていない部分はあると思います」

 そう語るのは、出し手側の選手である髙萩だ。