2017.06.12

J1昇格候補のはずが低迷する松本山雅。
「あっさり失点病」は治るか

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Masashi Hara - JL/Getty Images for DAZN

「サッカーの怖さは知っている」

 松本を率いて6年目になる反町監督は言うが、そこに今シーズンのズレの正体はあるかもしれない。

<ブロックを作って守り、耐えて、1発を仕留める>

 かつての松本は、この日の水戸に近いサッカーで勝ち点を稼いでいた。しかし能動的にプレーするようになって、皮肉にもリスクも負うようになった。攻めることで裏を取られやすく、油断も生まれた。

「今日は力負けでも、自滅でもない。一時のダメなときよりは、光が見えた」

 反町監督は顔を上げて言った。攻守の仕組みは作り上げた。それによって、選手のプレー精度の質が浮き彫りになる、という矛盾した結果にはなった。しかし松本が本当に強くなるには、そこを突き詰めていくしかないのだ。

「昨シーズンも4,5連勝してから負けなしだったので、今シーズンも連勝を(浮上の)きっかけにしたい」

 ミックスゾーンに出てきた宮阪政樹はこう語ったが、選手たちは”よすが”を求めているのだろう。自信を失いつつあることによって生じた迷い。巣くった魔物を退治できるか。頂きを目指す”緑の戦士”たちは、岐路に立たされている。

■Jリーグ 記事一覧>>

関連記事