2017.06.11

ヴェルディ再建へ。永井秀樹
ユース監督が明かす苦闘と寝不足の日々

  • 会津泰成●取材・文・撮影 text&photo by Aizu Yasunari

「監督に就任以来、(選手たちには)守備の『守』の字も言ったことはなかった。言い続けてきたことはただひとつ、90分のボール保持とゲーム支配。そして『全部、前から行け!』だけだった」

 何があっても下がらず、狙うのは前からのプレッシャーとインターセプトのみ。永井は選手に、ピッチに立っているすべての時間、ボールを保持しゲームを支配すること、攻撃することのみを求めた。結果、チームは毎試合のように大量失点を重ねた。

 永井は、クラブ関係者はもちろん、「戦っている選手の中にも、不安を感じている者はいたはず」と十分理解していた。それでも戦い方を変えることはなかった。

 そこには「ヴェルディ再建」にかけるメッセージが秘められていたことを、若い選手たちは後に知ることになる――。

(つづく)

■Jリーグ 記事一覧>>

関連記事