2017.05.17

本田圭佑まで噂に出たサガン鳥栖の大補強。
新戦力はクラブを変えるか

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

「試合終盤になっても走りきれる、というのは鳥栖のいいところだと思います。気持ちや走力の部分、それは残すべきですけど」

 そう語ったのは、Jリーグを代表する右サイドバックで、今季、横浜から鳥栖に移籍してきた小林である。

「もっと怖がらずにボールを受けるべきだと思います。そこは少しずつ変えていく必要があるかもしれません。選手同士の距離感を近くにして。自分は積極的にパスをつけています。厳しかったら、戻してもいいからって。まだタイミングが合わない部分もありますけど、逆サイドに早く渡せれば、(吉田)豊は推進力もありますし、もっと”サッカーができる”と思います」

 小林がケガから回復して定位置を奪って以来、右サイドは安定し、攻撃も回り始めている。横浜戦は完封。清水戦も原川力、鎌田大地らとの連係は大きな武器になっていた。

 鳥栖に伝統的なプレーモデルがあるのは事実だが、それを革新させる必要がある。

「同点にするのがもう少し早かったら、勝利に持っていけた」

 フィッカデンティ監督は清水戦を総括している。