2017.05.16

F・マリノスが甲府に辛勝も、
齋藤学は「残留争いしているみたい」

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Etsuo Hara - JL/Getty Images for DAZN

 F・マリノスにすれば、せっかくの好スタートを切った今季、このままズルズルと順位を落とすことは絶対に避けたいところ。ここで敗れて両チームの順位があっさりと入れ替わるようなら、悪い流れに歯止めがかからず、さらに後退しかねない。対照的な臨戦過程を歩みながら、勝ち点で追いつかれてしまった甲府との対戦は、F・マリノスが絶対に踏みとどまらなければならない、いわば最終防衛ラインだったのである。

 結論を言えば、F・マリノスはこの大事な一戦に1-0で勝利した。

「今日は勝利できたことが重要だった」

 F・マリノスのエリク・モンバエルツ監督がそう語ったように、選手、スタッフはもちろん、サポーターも含めて誰もがほっと胸をなで下ろす、4試合ぶりの勝利だった。

 前半のアディショナルタイムに値千金の決勝ゴールを決めた、DF金井貢史が語る。

「今日はどうしても勝ち点3が必要だった。この勝利はみんなで残した結果だと思う」

ヴァンフォーレ甲府相手に1-0で勝利した横浜F・マリノスだが... 確かに価値ある勝利ではある。しかし、ひとたび試合内容に目を向ければ、最近の悪い流れを引きずった、依然として不安を感じさせるものだったと言わざるをえない。モンバエルツ監督が語る。

「前半はうまく試合をコントロールできていたと思う。ハーフタイムまでに2点リードできていれば、後半も落ち着いて展開できたと思うが、(1点しかリードがなく)選手が勝たなくてはいけないとプレッシャーを感じてプレーしていた。何度かチャンスは作ったが、(決められずに)難しい展開にしてしまった」