2017.04.30

原口元気が刺激。レッズ関根貴大の
1人2役プレーに「オォー」と唸る

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 関根の進化は、チームメイトの目にも頼もしく映っているようだ。後方から支援するDF槙野智章も、こんなふうに語っている。

「以前だったら、ボールを持てば真っ直ぐ突き進んでいた。ファンやサポーターにも『行け、行け』という雰囲気があって、それに応えていたと思うけど、今は周りも見ながら自分のよさを出せるようになっている。メディアでも『ドイツのクラブが注目している』という記事が出て、本人も意識しているのかわからないけど、原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)からの刺激もあるだろうし、相手にとって非常に嫌な選手になってきたと思いますね」

 右サイドからカットインして味方にボールを預けると、人垣をかき分けるようにして裏に飛び出し、リターンをもらう。あるいは、サイドに流れたMF武藤雄樹と入れ替わるようにして中央のスペースに潜り込み、シュートを放つ――。

 ユース時代は攻撃的MFとしてプレーしていただけに、「シャドー(ストライカー)でやりたいですね」と常々口にしているが、今シーズンはウイングバックとして守備のタスクをこなしたうえで、アタッキングサードではまるでシャドーのようなプレーまでやってのけている。ひとりふた役の活躍ぶりなのだ。

 今シーズンを迎えるにあたって関根は、「リーグ戦、10得点10アシスト」という高い目標を掲げている。