2017.04.12

藤田俊哉が語る盟友。
「名波の長期政権はジュビロにとっていいこと」

  • 小須田泰二●取材・文 text by Kosuda Taiji
  • 平間喬●写真 photo by Hirama Takashi

オランダのVVVフェンロで指導者としての経験を積んでいるオランダのVVVフェンロで指導者としての経験を積んでいる ――かつて、名波さんは「俊哉は天才的なプレーをする」と言っていたそうですが、藤田さんが「天才肌」とするならば、名波さんはどんなタイプだと思いますか。

藤田 いろんな選手を見てきたけれど、さっきも言ったように、そのなかでも、名波のサッカーセンスというのはズバ抜けていたよね。名波は「天才肌」というより「戦略家」という感じ。ピッチ上でも全体を俯瞰しながら周りを動かしていたし、ピッチを離れても後輩の面倒見もよかったしね。代表キャリアだって僕よりも上。経験という点でもいろんなことを伝えられる人間だよ。

――いい監督の条件に名波さんの資質は当てはまりますか。

藤田 監督経験もない僕に、いい監督の定義なんて分からない。カリスマ性もそのひとつかもしれないけれど......。結局一番分かりやすいのは、結果を出す監督がいい監督の絶対的な条件と言えるんじゃないかな。だからこそ早く名波には結果を出してほしいよね。(長谷川)健太さんだって、清水エスパルスで監督をしていた時期はタイトルに恵まれず、シルバーコレクターとか言われていた時もあったけれど、ガンバ大阪で3冠(ACL、Jリーグ、天皇杯)を取って、周りの評価は大きく変わったんだから。

――現役時代から、名波さんは結果にこだわるタイプだったのでしょうか。

藤田 それはもちろん誰だってそうだよ。でも、名波はサッカーに対して誰よりも欲張りだった。「理想を高く持って結果を出す」というのが名波のスタイルだった。結果を出しても、いいサッカーができていなかったら満足しなかった。だから結果と内容がイコールで結びつくのが理想。それもまた、どの指揮官も望んでいることだろうけれど。