2017.04.12

藤田俊哉が語る盟友。
「名波の長期政権はジュビロにとっていいこと」

  • 小須田泰二●取材・文 text by Kosuda Taiji
  • 平間喬●写真 photo by Hirama Takashi

――今オフには中村俊輔獲得で大きな話題を呼びました。

藤田 今度はピッチ上で話題を出してくれたら最高だよね。それに、自分のスタイルというものを作ろうとしているんじゃないかな。

――現在、指導者としての名波さんのカラーは出ていると思いますか。

藤田 僕から見たら、まだイメージとは遠いんじゃないかな。カラーが出ていないというより、出せていないという表現が適切かもしれない。今は理想と現実の折り合いをつけている段階だと思うよ。自分がやりたいサッカーを追求していきたいという理想と、結果を出していかないといけないという現実。就任して3年目だからこそ、この両輪がそろそろうまく噛み合ってくることを楽しみにしている。ジュビロのOBとしても、名波の友人としても、早く彼の理想のサッカーを観てみたいから。

――少年時代から名波さんを知る人間として、名波さんにはどんなサッカーを期待していますか。

藤田 中学時代に初めて対戦した頃から、彼の才能は光っていた。大学は別々だったけれど、清水商、ジュビロでずっと一緒にやってきて、彼のサッカー観というのは誰よりも理解しているつもり。彼は常に冷静で、ピッチ全体を俯瞰(ふかん)しながら高い技術を持ってプレーしていた。現役時代からチームを勝利に導くリーダーシップがあった。それを監督で早く発揮してもらいたい。