2017.03.19

森重、高萩…日本代表に最多選出。
ハリルのサッカーを体現するFC東京

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 まずは相手が嫌がるプレスをかける。そこでプレッシングが外されるようなら、リトリートしてブロックで攻撃を受け止め、敵を疲弊させる。相手の足が止まり、判断が鈍り、ミスが出たところでショートカウンターを発動する。これを遂行するには、走力などフィジカル強度が高く、精神的にアグレッシブで、守備的な責務を果たせる選手が必要となるのだ。

 つまり、FC東京とハリルジャパンには符合性がある。

「まず、カウンターを受けないポジショニングで、セカンドボールの回収を心がけました。それと、相手のボールが自陣に入ったとき、どこでプレッシングに行くかを常に意識して。(FC東京は)前に力のある選手がいるので、そこにボールが入ったらどうにかなるから」

 代表に選出された高萩は川崎戦後に語っているが、慎重かつ注意深い判断はまさにリアクションサッカーの象徴だった。守りに厚みを持たせ、川崎の攻撃を吸収。戦術的にしたたかな判断ができる選手だろう。

 もっとも、高萩は特記すべきプレーを見せたわけではない。パスは何度か引っかかり、効果的でもなかった。凡庸な出来だったと言ったほうが近い。

 中盤で輝きを放ったのは、むしろ大島のほうだった。