2017.03.19

森重、高萩…日本代表に最多選出。
ハリルのサッカーを体現するFC東京

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 一方、FC東京はしぶとく守り続けながら、ショートカウンターで相手を脅かすことで、じわじわと戦いの流れを引き入れていった。高さ、体格にも恵まれた高萩がバックラインとの距離感を視野に入れ、リスク管理を徹底。そして走力のある永井を、単純に前のスペースへ走らせる。

<消耗戦>

 端的に言えば、それがFC東京の戦いだろうか。攻められても耐え抜く。相手の隙が出るまでの根比べだ。

「相手がボールを握っていようといまいと、90分間、ゲームをコントロールしたのは我々だった。まずは勝つために、相手とバトルすることを求めました。決定機は作られましたが、そこを凌いで自分たちのペースに」

 FC東京の篠田善之監督は、会見場の隅まで響き渡る声で語った。

 そのリアクション戦術(自分たちのボールありきではない。守備を出発点に)は、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチが体現しようとしているスタイルに近いだろう。