2017.03.01

キングの祝福ムードに敗戦。
それでも松本山雅はJ1昇格候補なのだ

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 梁川 剛●撮影 photo by Yanagawa Go

「いろいろな意味でゲームが分断され、攻守にわたってリズムがよくなかった。向こうのリズムで進み、ストレスがたまる試合だった。うちだけたくさんのイエローカード(松本4枚、横浜FC0枚)が出たことは正解なのか......」

 反町監督がそう話していたように、ひっきりなしに吹かれたファールの笛はともかく、イエローカードを出す基準については、かなり疑問を感じた。

 それでも、「そうは言っても、我々の試合ではなかった」というのが、反町監督の正直な気持ちだろう。

 やはり松本の魅力は、いい意味での武骨さや野暮ったさ。洗練されたサッカーで華麗に相手を崩すというよりも、ひたむきにハードワークすることで相手をジワジワと追いつめていく。それが武器であり、強さの源であるはずだが、この試合の松本にはどこかハツラツさが欠けていた。

「我々らしさを3分の1くらいしか出せないのでは勝てない」

 反町監督はそう語り、工藤もまた「個人的にも、チームとしても、不完全燃焼だった。相手に走り勝つ。ひたむきさで勝つ。相手に負けないように最後までやる、というところに立ち返りたい」と敗戦を振り返る。

 しかしその一方で、指揮官の言葉を借りれば、「そんなに悲観することはない」のも事実だ。