2017.02.27

今年は「何かが違う」FC東京。
J1制覇の現実味がハッキリ見えた

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 守りの穴を開けることなく、焦(じ)れずに戦い、ワンチャンスを逃さない。そうした戦いができなければ、頂点にたどり着くことはできない。ボランチの位置から効果的なパスを放った高萩も、「攻めているときのバランスを意識した」と言い、こう続ける。

「このチームは守備を安定させることができる。こういう戦いができれば、勝ち点を積み上げられるのではないかと思う」

 同じく新加入の林もまた、「90分間試合をコントロールし続けるのは難しい。焦れないで戦うことがカギになる」と語る。

 大型補強で注目される優勝候補らしく、いくつものゴールを奪って昨季王者をねじ伏せていれば、それはそれで非常に派手で見栄えのいい船出になっていただろう。

 だが、いかにも鹿島ペースといった印象の試合を敵地でしぶとく勝ち切ったことは、FC東京に足りなかった"何か"が埋まり始めていることを感じさせてくれた。それはむしろ、大勝する以上に「FC東京強し」を印象づける試合だったかもしれない。篠田監督が語る。

「新たな一歩の勝ち点3。チームの完成は開幕戦に合わせてできるわけではない。ここがスタートになる」

 どうやら、今季のFC東京は違う。正真正銘の優勝候補が上々のスタートを切った。

■Jリーグ 記事一覧>>

関連記事