2017.02.27

ジーニアス柿谷には清武弘嗣が必要だ。
守備力増も、セレッソらしさ減

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 山口も攻撃に関する話では、顔を曇らせる。

「守備でブロックを作っているぶん、FWとの距離は遠くなってしまう。前に入ったときにサポートに行けと言われても、きつい部分はあります。でも、そこは全体的にコンパクトにして、2トップに近い距離感を取っていかなければいけない」

 とりわけ窮屈そうに見えたのは、この日2トップでプレーした柿谷だ。この"ジーニアス(天才)"が輝きを放った2013シーズンは、1トップの位置に入り、裏に抜け出す形からゴールを量産した。ところが今季は、バイタルエリアで後ろ向きにボールを引き出すセカンドトップの役割が求められるため、背後からのチャージにつぶされる場面が目立った。試合終盤に左サイドMFに移ってからシュートチャンスが増加したように、相手のコンタクトを受けづらい位置でプレーするのが彼にとっては得策だろう。

 試合後にユン・ジョンファン監督は「守備は安定していたが、攻撃の精密さは少し足りていないところもあった。そこは修正したいと思います」と、成果と課題を口にした。

 守備の組織性が高まったぶん、本来備えていた自由奔放な攻撃性が失われた感は否めない。そのジレンマの解消が、C大阪のクラブカラーをよく知るOBの尹晶煥監督に課せられたテーマとなるだろう。