2017.02.26

「齋藤学ショー」に敵将もお手上げ。
新生マリノスが浦和を撃破

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by FOOTBALL PRESS

 開幕戦は"王者"浦和を相手に、前半は互角以上に渡り合った。1トップに指名された富樫敬真が、「守備の部分は監督に言われました」と語ったように、身を捨ててプレスをかけ(あるいはプレスバック)、何度も相手の攻撃の芽を潰し、守備面で上回る。ここでアドバンテージを取れたのは大きい。

 そして、齋藤が浦和守備陣を蹂躙した。左サイドでボールを持ち上がるたび、得点の予感が漂う。

「心からサッカーを楽しんでいる姿を伝えたい。勝負に対する迫力というか」

 齋藤は語るが、その真骨頂を見せる。

 13分だった。この日、悪夢を見たであろう森脇良太が軽率に飛び込んできたところ、入れ替わった齋藤はボールを持ち上がってラインを押し下げ、中央のダビド・バブンスキーに完璧なラストパス。バブンスキーはこれを左足で合わせて、先制点になった。この直後にも、齋藤は森脇を籠絡し、カットインして際どいシュートも放っている。

 無双を誇る齋藤のおかげで、試合は横浜FMペースで進むかに見えた。

 ところが後半は様相が一変する。ACLなど連戦の影響か、出足が鈍かった浦和だが、前線からのプレッシングを強化。バックラインに対しプレッシャーをかけ、ボールをつながせない。そして主導権を握り返すと、波状攻撃によってゴールに迫った。