2017.02.24

目利き5人が大胆予想。
今季J1、全18チームの順位はこうなる

  • photo by Yamazoe Toshio

厳しいACL組。代わって浮上するのは、
成熟度&安定感随一の広島

原山裕平氏(サッカーライター)

1位 サンフレッチェ広島
2位 鹿島アントラーズ
3位 浦和レッズ
4位 FC東京
5位 横浜F・マリノス
6位 ガンバ大阪
7位 セレッソ大阪
8位 川崎フロンターレ
9位 柏レイソル
10位 ヴィッセル神戸
11位 ジュビロ磐田
12位 大宮アルディージャ
13位 サガン鳥栖
14位 清水エスパルス
15位 ベガルタ仙台
16位 アルビレックス新潟
17位 ヴァンフォーレ甲府
18位 北海道コンサドーレ札幌

 総合力では鹿島が一番上にあると思う。ただし、懸念はACL。過去のケースに違(たが)わず、”並行戦”を乗り切るだけの力はないと見る。浦和も同様の理由で優勝には推せない。同じくACLに参戦する川崎FとG大阪に関しては、昨季よりもパワーダウンした印象で、とりわけ川崎Fにいたっては、独自のスタイルを築いてきた風間八宏監督の退任の影響はやはり小さくなく、よもやの低迷も考えられる。

 積極補強を敢行したFC東京だが、シーズンを通して安定した戦いができるかは疑問。広島を優勝としたのは消去法の側面も強いが、成熟度と安定感はやはりリーグ随一であり、昨季のように故障者が続出しない限り優勝争いに絡むと考えられる。FW工藤壮人(バンクーバー・ホワイトキャップス/カナダ→)ら新たな攻撃陣が機能すれば、優勝は見えてくるはずだ。

 残留争いでは、得点力に難を抱える札幌に、昨季の福岡と同じ匂いが漂う。上積みがなかった甲府、新潟も苦戦は免れないだろう。

 興味深いのは横浜FM。ネガティブな話題が多かったが、大胆な若返りが奏功すると読む。MF齋藤学の残留も大きく、新時代の幕開けを予感させるシーズンとなるかもしれない。